冷蔵庫は水抜きしてレンタルトラックを濡らさない

手慣れた引っ越し業者であれば、引っ越し当日までにやっておくべき注意点を教えておいてくれますし、当日の作業もスムーズです。
しかしすべてを自分たちで決行する、レンタルトラック利用に引っ越しでは、コツを伝授してくれるプロはいません。
だからこそ引っ越しに必要な知識はあらかじめつけておく必要がありますし、当日も荷物をレンタルトラックに順調に積み込んで、スムーズな引っ越しにすることです。
住居の中では冷蔵庫をはじめとして、エアコンや洗濯機などの家電製品を、ほとんどの家庭では所持していて、引っ越し先の新居にも持っていきます。
これらは引っ越し当日の前の日までに、スムーズな運送ができるように準備をしておくことが必要です。
冷蔵庫に関しては引っ越しの前日には、冷蔵庫も冷凍庫も中身を全部出して、水抜きをして起きます。
できるだけ引っ越し当日までには、生鮮食品や冷凍食品は食べきってしまい、冷蔵庫の運送準備も楽にしておく事です。

中身は全部出しますので、生鮮食品は傷んでしまいますし、アイスや冷凍食品は溶けてしまいます。
だから引っ越しまでにはできるだけ、生ものなどは食べきるようにして、中は空っぽな状態にして、コンセントも元から抜いておくことです。
前日から完全に電源はオフなので、冷蔵庫も冷凍庫も使うことはできません。
中の氷や霜も溶けてくるので洗面器やタオルを敷いたり、タンクや蒸発皿の水も捨てることです。
前日からやっておくことで冷凍庫内の霜や氷は解けますし、冷蔵の内部にある水分をすべてとりのぞくことができます。
少し手間と思える冷蔵庫の水抜き作業ですが、やっておかないまま運搬をすると、運んでいるうちに冷蔵庫や冷凍庫の中が溶けるので、ほかの家具や荷物を濡らしてしまうので要注意です。
当日の朝ご飯に関しては、冷凍や冷蔵保存をしなくてよいものを、あらかじめ購入をして用意しておきます。
コンビニのおにぎりやカップスープなどがあれば、朝もきちんと食べることができるので問題はありません。